AGA育毛 (元)大企業リーマンは、ミノタブとフィンペシアで髪の毛を再生できるのか?(仮

ミノタブとフィンペシア服用で髪がどのように変化するか綴ります。

【薄毛対策】筋トレ初心者は、まず下半身から鍛えるべき

僕は、日頃から筋トレをしている。

理由は、薄毛対策のために血行・血流を改善したいからだ。

他にも、筋トレをするメリットは限りなく多い。

この記事を読んだということは、おそらくは、筋トレを今から始めようとする筋トレ初心者の方だろうかと思う。

そして、筋トレをやろうにも<何から始めればよいか>分からないんじゃないかと思う。

そんな筋トレ初心者の方のため、僕がおすすめする筋トレの取り組み方を紹介する。結論から言えば<筋トレ初心者は、まず下半身から鍛えるべき>である。この理由について、記事にしていく。

●筋トレのメリット

動機づけとして筋トレのメリットを紹介する。

動機としては、若々しい体型、キレイな身体を維持したい、免疫力が高めたい(風邪がひきづらくしたい)など様々であるが、筋トレはその願望にかなえてくれる。

<メリット>

・脂肪燃焼

・痩せ易い身体になる(太りにくい身体になる)

・疲れにくくなる

・成長ホルモンによるアンチエイジング

・精神面が強化される

・糖尿病予防

・やる気、精力が向上する

・快眠効果

・ストレス発散

 

●上半身でなく下半身から鍛える理由

僕は<効率重視>だ。筋トレでの効率は、<短期間で成果が出やすいことやる>だ。理由は、短期間で成果が出ることは反復継続させやすいからだ。

<下半身>を鍛えれば身体全体の7割を改善できる。

これはあまり知られていないが、<下半身>は身体の7割程度を占めている。<下半身>を鍛えて痩せ易い状況にしてやれば、自ずと<上半身>も痩せ易くなる。更に言えば、<下半身>を鍛えれば身体の7割は改善できたといえる。また、<上半身>は日常生活でも多用されており、実際のところ弱っているのは<下半身>であることが多い。腰であったり、膝であったり。

また、筋トレで実感できる一番の成果は<生活の質の改善>なので、<下半身>の<強化が生活の質の改善>に直結しやすい。このような、理由から先ずは<下半身>から鍛えることを勧める。 

●下半身のおすすめ筋トレメニュー

筋トレメニューは小難しく考えるより、シンプルイズベストで下記二点をおすすめする。

スクワット

筋トレの王様と呼ばれるスクワット。スクワットにも種類は多種多様にあるが、初心者であれば、腰を上げ下げする程度のオーソドックスでノーマルなスクワットを勧める。姿勢には気を付けて取り組んでほしい。また、慣れてきたら、他に取り組めばいい。肝心なことは<反復継続>だ。

ちなみに、僕が筋トレを始めた当初はスクワットですら2~3回しか出来ずに、自分でも驚いたのを覚えている。また、ノーマルスクワットは場所を問わない。僕は、気分が晴れないときに、トイレでスクワットやったりする。

階段をひたすら上り下り

筋トレの範疇を超えているかもしれないが、これはとてもおすすめしたい。運動の中に筋トレ要素を取り入れることで、意識しないで取り組めるからとても良いし実用的な筋肉が鍛えられる。例えば、ふくらはぎだ。ふくらはぎは、<第二の心臓>と言われるくらいに非常に重要な箇所でありながら疎かにされやすい。また、ふくらはぎは非常に鍛えづらい。そのふくらはぎを階段を上り下りするだけで鍛えることができるから、マジでおすすめする。

 ちなみに、僕は1~9階を4往復くらい毎日するようにしている。普通に歩く感じのスピードでひたすら上り下りするとよい。やれば分かるが、それだけで、ふくらはぎがパンパンになる。更に、そこそこ、鍛えてる僕でも立ち眩みすることがあるので、おそらく、大分負荷が高いんじゃないかと思う。

 ●時間がない中で筋トレを継続させるコツ

時間のない中で、一番困るのが筋トレを継続させることだと思う。僕は、筋トレ・日々の運動を2年ほど継続させている。その中で継続させるコツとしては下記二点だと思う。

・若返ったとか、痩せたとかでよい。その成果を実感する。

・意識しないで筋トレをやる。

とにかく、時間がない中で、筋トレを継続させるには隙間時間で出来るような筋トレを組み込んでいくほかない。僕であれば、階段の上り下りがそれにあたる。他にも、僕はふと立ち寄った公園で筋トレをやったりする。このように、出来る限り生活のルーチンに組み込むように工夫するとよい。それが、筋トレを継続させるコツだ。