AGA育毛 (元)大企業リーマンは、ミノタブとフィンペシアで髪の毛を再生できるのか?(仮

ミノタブとフィンペシア服用で髪がどのように変化するか綴ります。

【AGA育毛19日目(生え際、頭頂部の画像)】ミノタブ&フィンペシアの副作用:眠気・倦怠感で生活リズムが不規則(うつ症状)になっている(20180918時点)

育毛19日目を報告する。一日二回ミノタブ2.5~3.75mg、フィンペシア0.5~0.75mgで服用している。副作用は、腹部の圧迫感、顔のむくみ(火照った感じ)、眠気・倦怠感、うつ症状が出ている。服用量を若干増やしているにも関わらず、肉体的な負荷に関しては経度である。が、当初、服用前から懸念していた、うつ症状に近いものが出ている。これは、肝臓、腎臓、副腎などの臓器障害が関係しているのかと疑われる。僕の場合、眠気・倦怠感(無気力)状態になると、生活でやらないとダメなことがトコトン疎かになってしまう。結果、家からも出ることなくうつ症状が顕著に表れだす。

●些細な生活リズムの狂いが原因でうつ症状が出始める。

何度もこの悪循環を経験してきたので分かるが、サイクル的には下記だ。

 

眠気・倦怠感

 ↓

食事・運動を疎かにする

 ↓

夜遅く寝たり睡眠を疎かにする

 

この状況が出始めたのは、前職システムエンジニア(SE)時代の業務ストレスからだ。正直に言うと、SE業務の中で、高負荷、高ストレス環境下で、僕は軽いうつ病になったと自覚している。理由は、すぐに無気力になるから。何もやる気が起きなくなるのだ。大げさな言えば、たかが数年のSE業務の負荷により、まともに社会生活が送れなくなってしまった。大げさに聞こえるかもしれないが、これは本当で、世間一般の忖度組織で生活するのは間違いなく不可能だろうと思う。絶対に続かないと自覚した。これを改善するために、食事・筋トレ・プール・睡眠など生活リズムを整えることにのみこだわっているのだが、それでも不規則になる。

●眠気・倦怠感は、肝臓・腎臓等の機能低下である。

眠気・倦怠感は、肝臓・腎臓等の機能低下であると確信している。トリガーとしては、やはりミノタブ&フィンペシアの副作用である。ただでさえ、僕は面倒臭がりなのだが、一旦日々の生活に対して倦怠感等が出ると、ことごとく日常生活が破壊されてしまう。特に、食事と睡眠を疎かにすると、薄毛が確実に進行するので厄介だ。

●【AGA育毛アイテム】

・ミノタブ 5mg or 10mg 100錠(1日10mgまで)

 服用量:四分割して一日二回服用(3.75mg)

フィンペシア 1mg 100錠(1日1mgまで)

 服用量:四分割して一日二回服用(0.75mg)

サプリメント:Lリジン 

●AGA育毛19日目(生え際、頭頂部の画像)(20180918時点)

f:id:aga180831:20180919095229j:plain

f:id:aga180831:20180919095246j:plain

f:id:aga180831:20180919095255j:plain

 

19日目の生え際、頭頂部ともに変化はない。初期脱毛のせいか、生活リズムが狂ったせいか、抜け毛が多くなっている。余談であるが、バリカンでサイドを刈り上げた。下記でも書いてあるが、僕はそれこそ薄毛で床屋に行ってもお金の無駄なので、自分で髪の毛を切っている。他の薄毛の方にも自分で髪の毛を切ることをおすすめする。

 

aga180831.hatenablog.com

●副作用チェックリスト(●:該当、×:非該当、▲:不明)

副作用については、昨日の服用量のミスにより眠気・倦怠感、うつ症状が新たに出てきている。

【ミノタブ副作用】 フィンペシア副作用】
   
体重増加 × 精力・性欲の減退 ▲
全身の多毛症(体毛が濃くなる) × 頭痛・腹痛など ●(腹部圧迫感)
肝機能障害 ▲ 初期脱毛 ×
性機能障害(ED) ▲ 発ガンリスク ▲
手、足、顔のしびれ、痛み、むくみ ● 胎児に及ぼす影響 ×
ニキビ × 男性の乳がん ×
心臓への負担(動機、息切れ) ▲ 肝臓への影響 ▲
カリウム血症 ▲ うつ ●
多臓器不全 ▲ 体毛が薄くなる ×
意識障害 ● ED
頭痛 × 肥満・むくみ ●
 

前立腺がん