AGA育毛 (元)大企業リーマンは、ミノタブとフィンペシアで髪の毛を再生できるのか?(仮

ミノタブとフィンペシア服用で髪がどのように変化するか綴ります。

【薄毛対策】血管・血流循環を改善させる有酸素運動(水泳)

ハゲ・薄毛なら、絶対に有酸素運動(水泳)>をお勧めしたい。

 

ハゲ・薄毛の原因として、毛細血管の衰退=毛包への養分の枯渇によって弱毛化⇒抜け毛⇒薄毛⇒ハゲというサイクルを辿る。中には、老化=血管の衰退と考える人もいる。僕の考えだと血管・血流は年齢に関係なく強化可能である。また、血管・血流環境を改善することにより下記が期待できる

 

・発毛が期待できる

・心肺機能が強化される

・若々しくなれる

・スリムになれる

・ストレス低減

 

何度も言うが、血管・血流循環・血行を意識することはとても重要だ。それだけで、薄毛も予防できる。仮に、すぐに薄毛が改善されなくとも、ダブついた腹をしたハゲにはなりたくないだろう。何より、男性の場合、薄毛でも身体のラインがシュッとしていれば、それだけでカッコよく見える可能性がある。

●血行・血流循環を改善させる有酸素運動(水泳)

血行・血流環境を改善させるために、もっともおススメしたいのが有酸素運動(プール)」だ。念のため、有酸素運動無酸素運動について説明しておく。

 

有酸素運動 無酸素運動
継続的で比較的弱い力が筋肉にかかり続ける時は、エネルギー源として体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させて使います。燃焼材料として酸素が必要です。20分以上続けることで脂肪燃焼が効果的に起こります。 瞬間的強い力が必要な時は、筋肉に貯めておいたグリコーゲン(糖質)を主原料として使います。
酸素を必要としないので、短時間しか運動できないが、筋肉を鍛えることができます。
体脂肪を燃やす 基礎代謝量を増やす
ランニング、水泳 筋トレ、短距離走

 

有酸素運動で、特におすすめしたいのが<プール>だ。大抵ランニングをやりがちなのだが、絶対にプールをおすすめする。

●血管・血流循環の改善のために<水泳>をおすすめする理由

理由は挙げると、高カロリー消費(1時間で水泳1000kcal、ランニング260kcal)、心肺機能の強化、全身のストレッチ効果だろう。要は、短い時間で痩せ易く、心肺機能を強化して全身の血流循環を改善させる効果が見込める。

ただ、ランニングにもメリットがあり、地面を走るため骨格を強化してくれる。水泳は、重力が1/6の水の中を泳ぐので骨格は強化され辛い。そのため、たまにランニングをするとよい。

また、僕は、短期間でより良い成果を求めるタイプなので、短時間あたりの消費カロリー等運動量の高さで<水泳>をやっている。何より、毎日3kmほどのランニングもやっていたが、ランニングではまったく痩せる気がしなかったし、血管・血流環境が改善されている気もしなかった。

●<水泳>によって毛細血管に血流循環させる重要性

何気に重要視するのが毛細血管の衰えである。毛細血管の衰えにより、薄毛の他にも様々な障害を引き起こすと言われる。いくつか例を挙げると。

 

・老化(肌のシワ等)

・ボケ

・薄毛

・目の病気

 

これは、僕だけかもしれないが<水泳>の後、やたらと意識がハッキリする感覚になる。逆に言えば、日常では体の怠さであったり、何だか頭に雲がかかったような意識がモヤモヤする若干鬱のような状態になることがある(これは前職SEの後遺症みたいなものであるが。)。やはり、これは血液循環が関与していると考えている。前職SEの時は、ランニングをたまにする程度でほぼ運動など一切せずのため、毛細血管が衰えて薄毛になり、若干のうつ症状というか意識障害が出るようになったのではないかと考えている。このような理由から、僕にとって水泳は、心肺機能を強化するとともに血管・血流循環を改善させる一番いい方法だと考えている。