AGA育毛 (元)大企業リーマンは、ミノタブとフィンペシアで髪の毛を再生できるのか?(仮

ミノタブとフィンペシア服用で髪がどのように変化するか綴ります。

【薄毛対策】大企業で働いていた僕が、システムエンジニア(SE)を辞めた理由

皆さんはシステムエンジニア(SE)>という職業をご存知だろうか?

 

印象を聞けば、まず間違いなく「激務そう」という印象が出る。僕は大企業のSE(他に研究開発職)だったが、SEは間違いなく激務だ。そして、禿げる。

 

禿げる上に、給料もさほど良くなく人生が高確率で詰む。卑屈にもなる。禿げるとやはり周りの心象が悪くなるし、自分にも嫌気がさしてくる。大企業で働いていようがSE職は例外だ。髪の気を失うこと=その後の人生の代償は、たかが大企業SEのリターンでは弱すぎる。

 

人によっては、ハゲでも関係ないと言う人がいるが、確かにそうであるが禿げればやはり相対的に女性の見る目が変わると考えた方が妥当である。最悪を想定すれば、禿げると結婚できないと覚悟しておきたい。

 

システムエンジニア(SE)という職業は、人生を犠牲しやすい職業であることを念押ししたい。最悪、激務、薄給、禿げる、未婚(独身)が一生付きまといかねないだろう。

 

また、働いてみると、SEの中にいる人間は、非常に魅力がない人間が多いことに気づく。僕は、高校であまりにも自由にやり過ぎた感があったので大学、大学院時代は修行だと思って我慢していたが、「この人みたいになりたい」と感じる人間に会うことがなかった。コンピューター系の学部・学科は特にそうである。

 

さて、話しが逸れそうになった。元に戻す。

 

●SEという仕事の醜悪さ

とにかく仕事は激務、いや、細かすぎる。禿げるためにやるような仕事ばかりだ。また、そのほとんどが積み上げのない(後に残らない)仕事ばかりだ。

 

・ひたすら納期(宿題)の繰り返し

・専門知識を駆使する開発業務

・一時の打ち合わせのための資料作成

・エクセル方眼紙での細かい時間管理

・非常に細かな資料修正(そのほとんどが意味のない言葉尻の修正)

・使われなくなったシステムの業務業務

・システムの保守対応等

・アナログに履歴管理する体制

 

上記すべて糞だ。こんな仕事をやっていて禿げない方がおかしい。そして、これだけ苦労しても全てが一時的な業務でしかなく何も残らない。感謝すらされない。何より時間を投入するからには、せめて何かしら将来的に財産として残したいと感じる。ただ、SE=その日暮らしのお金を稼ぐためにやる仕事である。僕にとっては、まだブログ記事を書き連ねる方が有意義であると考えている。なぜならブログは財産として永久的に残るからだ。

 

また、これらすべてデスクでずっと座りっぱなしの作業だ。座りっぱなしが健康を害すると言われる近年、血行不良もほどがある。ボーっとしてくるのだ。

 

●最も禿げやすいのは「プログラミング」

これだけは、ガチで禿げる。脳と目を酷使してずーっとPC画面を見ているからだ。ゲームでも禿げるのに、間違いなく禿げ上がる。

 

プログラミングを例えるなら、ずーっと解けない知恵の輪を延々と考えさせられてるような感じだ(それでも、解けるのだが)。プログラムにはバグが付き物だが、そのバグ取り(デバッグ)に、かなりの負荷(ストレス)がかかる。ちなみに、僕だと一つのバグを見つけて改善させるのに2日要したことがある(これは若かったからできた。)。外にも出ずに、2日PCと睨めっこしてようやく見つけた。また、こんなこと、これよりも恐ろしいことが多発する。

 

<当時の俺は頭がおかしかった>と思う、今だと馬鹿馬鹿しくてやってられない。

 

●ずっと納期(宿題締め切り)に追われる人生

SEが醜悪な業態の一つに納期がある。SEは言い換えると、ずっと宿題提出に追われる人生である。中には人の宿題をあたかも自分の宿題のように提出する輩もいるが、必ず全員が納期に追われることになる。こういうことから、人間関係はギスギスしがちになる。僕だと、目上の奴に対して「人にやらせるだけで、こいつうぜーな、殺すぞ」と常々感じていた。正しくストレスフルな職場だ。

 

●丸禿げの上司と共に、将来はボルドヘッド独身(禿げ独身)

SE業界を見れば分かるが、全員が死んだ目をした魚のような顔していることに気づく。SE業界で生き生きしている奴に会ったことがない。何より薄毛率の高さだ。そりゃそうか、僕ですらこんな醜い姿になっているのだから、ほとんどが薄毛の死んだ目をした魚である。職場には女性が非常に少ないのも特徴である。その代わりに丸禿げ上司しかいない。

 

ここで言いたいことは、丸禿げ上司は確実に自分の延長線上の姿と考えていい。人は「自分は禿げない」と都合よく考えがちだが、自分はSEを続けたら禿げる運命であることを認識すべきだ。これは木乃伊取りが木乃伊になる”状態である。

 

●結論:丸禿げという運命からの脱却するには?

SEを辞めるしかない。

以上だ。

 

たかが、目先の生活を維持するために払う代償としてはデカすぎる。社会的地位を失おうが、髪の毛には変えられないと考えるべきだ。禿げたら何をするにも人生上に障害がでるからだ。人間関係、女性、結婚と余りある人生をずっと悩みながら生きていくことになるだろう。僕は、そんな人生はさっさと捨てるべきだと思う。そして、実際にSE辞めた。